隠し扉を見抜けるか

日々思ったことを。

スピ系のイベントはなぜ高いのか

なぜなんでしょう。

前に、価格を「対価」と言っていた方がいたけど果たしてこの金額に見合うイベントをしているのだろうか。

ミュージシャンのライブの倍くらいするもんね。(ミュージシャンによるけど。倍、もしくは同等)
ライブはお客が多いからあの金額でどうにかなるけどスピイベントはわりと少な目。
でも演出とか諸々のスタッフっていない気がするのだけど人件費は不要だよね。
てことは、単純に自分たちの取り分を多くするために高い参加費を募っていると考えてもよい気がします。

どんどん高くなるスピ系イベント参加費。
それでも行きたいという人がいるので私が何を思ってもどうでもよいのですが、そんなののリピーターになってもどうにもならないよー。

実は私、とあるセミナーが気になっていたんです。
その人のするセミナーはいつも5000円くらいだったので今度のセミナーは行ってみても良いかなと思っていました。
そしたら詳細が発表になってびっくり。
役三万円の参加費!

もちろんいきません。
だってその価格の価値があるとは思えないのです。

そして我に返った。
そうだそうだ、こんな素人の開催するゼミナールなんぞにいってもお金の無駄だったのだ。
弱っていたから忘れていた。

目を覚ますよい機会でした。