隠し扉を見抜けるか

日々思ったことを。

当然の結果

Happyさんの周囲の方のご活躍がすごいです。
でも頭のどこかにでてきてしまうのは
彼女から離れてもこの活躍を維持できるのかなーということ。
彼女から離れてもデザイナーのようなことをしたいのだろうか。
あの絵の具をぶっとばしただけのものを買いたい人はいるのだろうか。
遊べば遊ぶほどお金が回る。
それは否定しません。
とはいえ、彼女たちのインスタを見てもまったく羨ましいとは思わないのはきっと周波数が合ってないからだと思うけど。

彼女たちのイベントの常連で、彼女たちに憧れているのか働かずに好きなように生きてお金を回そうとした人がお金に困ってるときいて、
そりゃそうだろ。
と思いました。
だって無職なのにどこからお金が入ってくるんだ。
素人丸出しのそれに誰がお金を払って依頼するんだ。
なぜ人生うまくいっていない人のお話をお金を払って聞きにいかなきゃいけないんだ。

と、思っていた人だったのでなんの不思議もないです。
むしろさんざんお金を払って「仲間」になった人たちはその人が困っているときに助けてくれたのでしょうか。
この人は○○ができるからお金を払って依頼しよう、と思った仲間はいるのでしょうか。

結局はお金がないと仲間になれない人たちは本当に仲間なのでしょうか。

一度でも本気になって頑張ろうとしたのでしょうか。