隠し扉を見抜けるか

日々思ったことを。

炎上してるあの話

旬な話を……。

心○さんのブログが炎上されております。
ブログはまったく読んでいませんがアンチの方のツイートをよく見ているのでたまに○屋さんネタに遭遇する。

正直書き方がひどいけどいつものことじゃん、と思っていました。言うほどいつもをしらないけどイメージです。

そしたら某ミュージシャンの方もリツイートしてたり、Twitterご意見番のあの子もリツイートしているのでやや驚いておりました。
ご意見番のあの子はそれはそれは素晴らしいブログを書いておりまして、一気にファンになりました。
ちゃんとした文章!素晴らしい!

そうかと思うと、心○さんを庇う感じのブログもたまに見かけるようになりました。

そりゃファンは、そんなことを言いたいんじゃない!と行間以外の事を読み取りますよね。
だって好きなんだもん。

その流れで過去にもひどい内容のブログを書いていた記事を取り上げていた方に遭遇しましたが、その方は最初その記事に怒りを感じたそうです。
でも実は自分はその事にたいしての怒りに蓋をしていたことに気づき、心○さんのブログを読んでその蓋が外れ怒りを外に出せることができた!ありがとう!というおちでした。

えー??

それは、好きだからそう解釈するんですよね?
ただの通りすがりの自称カウンセラーがそんなことを書いていたらそんなこと思いますか?

もし今回の記事を本意でないとられ方をしてしまったと思っているのなら最初からファン向けに書けばよかったのです。
オンラインサークルとかそのなかで。
ブログなんて通りすがりに見てしまう人がたくさんいるなかであの内容は誤解ではなく、そのまま受けとる人の方が多いです。

例えば、見た目がすごく怖そうで、口もすごく悪いけどとっても良い人がいるとしましょう。
その人の口癖は こ○すぞ。だとして
その人の事をよく知ってる人たちに対してその言葉を言ったとしても、誰も本気にしません。あーいつもの口癖だーとおもいます。

でもその人と初めて会った人がそんなこと言われたら恐ろしくて仕方がないです。

今回の炎上は私のなかでそんな感じです。